▼ここから本文内容のエリアです

調味料の正直

株式会社 中村醸造元 営業1課 佐藤貢栄
津軽味噌発祥の老舗は時代を越えてさらなる「良いもの」の追求を続ける

株式会社 中村醸造元 営業1課課長 福島裕幸

創業は江戸時代という老舗

当社は創業百四十年。
初代中村亀吉が江戸時代末期に青森県弘前市において商いの基礎をつくり、明治初め、二代目が味噌の製造販売を始め本格的な味噌製造を行いました。
現在では味噌の醸造は行っておりませんが「カネカメ味噌」は津軽味噌の元祖です。

当時、北海道では工業としての味噌製造は確立していない中、北海道全域に商圏をもち、函館支店、小樽支店、札幌支店などを開設しておりました。

大正から昭和にかけては、青森県で最初の大型ボイラーを導入し、昭和10年には醤油製造販売も始めました。
新商品の開発も同時に進めることで、今や全国区となった「しょうゆコンブ」、「昆布しょうゆ」をはじめ、料理人神田川俊郎氏のお墨付きをもらい、「カネカメ濃口」を開発。
この商品は同氏をうならせ、30年来変えたことがないという醤油を変えさせた一品です。
近年、大間漁業協同組合公認商品第一号として発売した「大間マグロ醤油」もおかげさまで好評。
「より良いものを、常に目指したい」無農薬有機大豆の自社農園を手がけながら、現在も商品開発に邁進しております。

商品一滴一滴までの愛情がつくる「手前しょうゆ」だけでない「食への誠実さ」へのこだわり

自家栽培の無農薬有機大豆を原料にした自慢の醤油 なんでも自分で手がけると、いとおしくなるものです。
醤油でも同じ。
当社の工場でも同じ。いや、それ以上です。
量としては大手有名メーカーとは違いますが、それでも醤油の量としては家庭で 使う量に比べて、気の遠くなる程仕込んでいるわけです。
それでも、その一滴一滴が大事。
職人として、経験がある分、手前みそになってはいけない。
冷静に客観的な判断をして毎日管理していかなければいけない。
だから「手前みそ」といいたい愛情を注ぎつつ「手前しょうゆ」だけではいけない技術が必要なのです。
当社は「食べること」を誠実に考えて参ります。

  • 一粒一粒にも愛情を注ぎます 一粒一粒にも愛情を注ぎます
  • 職人の技術で丁寧に仕込みます 職人の技術で丁寧に仕込みます
  • 商品管理も安全・安心をモットーに 商品管理も安全・安心をモットーに

あおもり正直村職人のこだわり商品

醤油屋は醤油のみならず、おいしい新商品まで開発します!

株式会社 中村醸造元の商品は、地元青森の食材を使った美味しい商品です!
是非ご賞味ください。

「津軽百花林檎酢」/「津軽百花林檎酢」ゆず入

「津軽百花林檎酢」は、青森県津軽原産の完熟サンふじ100%使用し、青森県産の純粋百花ハチミツとミネラルたっぷりの三温糖をブレンドした飲料です。
サンふじの持つ甘味・コク・さわやかな風味と、純粋百花ハチミツの深みのある味わいにより、すっきりした酸味が特徴のさわやかな飲料です。
もともと、お酢は「スタミナのス、酢は寿」とも言われ、疲労回復や殺菌作用、副腎皮質ホルモンの生成に役立っています。
さらに、リンゴ酢に含まれるペクチンには、総コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増加させ、動脈硬化を防止する作用があるとされています。
水で5~7倍、お湯で9~11倍にお好みで薄めて。
牛乳で割るとヨーグルトドリンク風になり、お子様や酸味の苦手な方にもご満足。
炭酸で割って湯上りドリンクに。焼酎で割ってナイトキャップに。
すっきりとした酸味が飲みやすい、美味しいリンゴ酢です。

  • 津軽百花林檎酢(蜂蜜入) 200ml 津軽百花林檎酢[蜂蜜入]
    (200ml)
  • 津軽百花林檎酢(柚子果汁・蜂蜜入) 200ml 津軽百花林檎酢
    [柚子果汁・蜂蜜入]
    (200ml)

大間マグロ醤油

大間マグロ醤油 150ml大間マグロ醤油(150ml)
青森県大間の本マグロと言えば、市場で高値で取引される、全国的に有名な希少価値の高いマグロです。
その大間の本マグロの中骨を生醤油で丹念に煮込みました。さらに、青森県産の清酒と蜂蜜で贅沢に仕上げたものが「大間マグロ醤油」です。
大間マグロ醤油にはマグロの持つうま味とコク、さらにはダシの150ml中に135mgものコラーゲンが含まれています。
大間漁業協同組合公認商品第一号として出来上がった逸品で、寿司・刺身・他ステーキなど、お肉との相性も抜群です。煮炊きの味の決め手としても、幅広くご利用いただけます。


あおもり正直村の商品ご購入・お問い合わせは、直接各店へご連絡ください。

株式会社 中村醸造元

住所:〒038-3803 青森県南津軽郡藤崎町西豊田3-1-1
TEL:0172-75-6500 FAX:0172-75-6501
URL: http://www.kanekame.jp/
E-mail:kou-satou@kanekame.jp

▲このページのトップへ

本文終了です